ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEWS
ロケコミュの工作が日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]で紹介されました。
特集『コストコ、イケア、100円ショップより面白い!巨大ホームセンター買遊術』
LINKS
PROFILE
OTHERS

ロケットコミュニケーションズ blog

科学イベントやワークショップを行う実演集団が、知的好奇心を刺激するアイデアや活動を発信します。公式ページはこちら
<< 2012年版ファービーをハックする#4 「電磁波でクロックをいじる」 "How To Change Furbys Clock by Home appliances" | main | ZINEをつくろう! >>
イタズラをデザインする(2)
このエントリーをはてなブックマークに追加

By United States Consumer Product Safety Commission [Public domain], via Wikimedia Commons
上の画像のみwikimedia commons

以前、wired.jpに「善良なイタズラ」をテーマとしたワークショップについて書いた。
科学館職員だった当時、ワークショップのデザイン過程で同僚に仕掛けたイタズラについて語ったものだ。

http://wired.jp/2012/11/30/itazura_design/
【記事へのリンク】

イタズラをデザインする:日本科学未来館の科学コミュニケーターが行ったある実験 « WIRED.jp

記事で「善良なイタズラ」と科学には類似性があると書いた。

科学は条件さえ一致すれば場所を変えても同じ結果が出るが、これはよく練られたイタズラも同様。
たとえ国は違っていても、条件(イタズラを受入れる側の文化的背景)が同じならば、同じ結果(笑顔、笑い声)が出るはず。
科学もイタズラも簡単に国境を越えられるのだ。

今日は、そう感じさせる海外のイタズラ・コンテストを紹介しよう


様々な自作の作品をネットにアップできるサイトinstructables。ここでエイプリル・フール・コンテストが開催されている。
4月1日のエイプリル・フールに向け、D.I.Y.なイタズラを投稿し人気の高いものには賞品が出るというもの。

http://www.instructables.com/contest/aprilfools2013

このページでは、ユーザーによりアップロードされたイタズラ(prank)の数々が紹介されている。気に入ったものには、投票(vote)することもできる。

ざっと眺めてみたが「イタズラ」だけあってどれもなかなか馬鹿馬鹿しい(エイプリルフールの褒め言葉)。

例えばこんなイタズラだ。

■How to Make Fake Gum! [ by bird123457 ]
「小麦粉から偽のガムを作って友達を驚かせようぜ!」
なんてーのから、

■Awesome-April-Fools-Pranks [ by tylerjbolin13 ]
「便器にサランラップ巻いて…気づかず用を足したらビチョビチョだ!(イエーイ)」
といった仕掛けられた側が100%怒るであろう危険ネタまである。

■air horn office chair prank [ by mikeasaurus ]
「エア・フォーンでブーブークッション」
なんてのも味がある。

 

(ちなみにコンテストは2013年4月8日まで)

冒頭のwiredの記事を書いたワークショップについて、TwitterやFacebookには「参加したい」など好意的なコメントが沢山あった。

このワークショップは今も実現に至っていないが、いずれブラッシュアップした上でロケコミュで実施しよう。





このエントリーをはてなブックマークに追加
| 発想 | 10:26 | comments(0) | trackbacks(0) |









->