ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEWS
ロケコミュの工作が日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]で紹介されました。
特集『コストコ、イケア、100円ショップより面白い!巨大ホームセンター買遊術』
LINKS
PROFILE
OTHERS

ロケットコミュニケーションズ blog

科学イベントやワークショップを行う実演集団が、知的好奇心を刺激するアイデアや活動を発信します。公式ページはこちら
<< 都市の呪術と集合的無意識。 | main | 「石ころ」にメッセージを。 >>
2012年版ファービーをハックする#5 「リセットボタンの増設」
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファービーを電磁波で暴走させたYouTube動画が、今日時点でおよそ1万回再生に。
世界中のファービー好きから視聴があるようでコメントの大半は英語。当然「cool !」みたいな高評価ばかりでなく「poor furby !」なんてのもあるが、そのへんは反応してもらえただけでも嬉しいのである。

これがブログやtwitterだったら、こんな感じで海外からコメントをもらうことも難しいだろう。
動画投稿の場合は言語を介さないで伝わる分、世界の反応を得るのに比較的敷居が低いとあらためて実感。
今後もこの手の電子工作動画はYouTubeに上げていきたい。ものをつくってみると、色んな人から意見や感想を聞きたいものなのである。

今回はファービーにリセットスイッチを増設したので、それについて書く。

当記事の内容を実施する場合は、自己責任で行ってください。小さな子どもは必ず保護者とともに作業してください。いかなる損害が発生しても、筆者およびロケットコミュニケーションズは一切の責任を負いかねます。
---
ある日、ファービーの基板上にあれこれ配線して遊んでいると「起動しない状態」となった。
電池を入れても、液晶部のバックライトが点灯せず目が表示されなくなってしまったのだ。つまり全く反応しない。

今回の状態は、ファービーの性格が変化した直後から始まった。
ファービーは持ち主とのコミュニケーションを通し性格が変化していく玩具。電池を抜いても性格はそのまま記憶されていることから、おそらくEEPROM(電源を切っても情報が残るメモリ)にパラメーターが記録されていると考えられる。
電磁波の乱れたクロックのせいでEEPROMの記録に失敗したのかもしれない。

一時はファービー改造もここまでか…とあきらめたが、基板上をよく見るとくちばしの裏側あたりに「resetb」の文字を発見。
リセットと書かれているからにはリセットがかかるのだろうと「gnd」とショートするとファービーの液晶部にバックライトが点り無事復活した。詳細に検証していないため、起動しなくなった原因も復活した理由もわからない。
しかし、この方法で再起動し、その後は問題なく動作している。


今後も同様のフリーズが考えられることより、「resetb」「gnd」に配線し背中側のケースに瞬間接着剤で取り付けた押しボタンで短絡できるようにした。


ファービーを改造していて、同様の症状に悩まされたらリセットボタンを試してみると復活できるかもしれない。
(繰り返すけど改造は自己責任でね!)

https://www.timeticket.jp/items/5852
このエントリーをはてなブックマークに追加
| toy | 23:47 | comments(0) | - |









->