ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
NEWS
ロケコミュの工作が日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]で紹介されました。
特集『コストコ、イケア、100円ショップより面白い!巨大ホームセンター買遊術』
LINKS
PROFILE
OTHERS

ロケットコミュニケーションズ blog

科学イベントやワークショップを行う実演集団が、知的好奇心を刺激するアイデアや活動を発信します。公式ページはこちら
<< 「偶然の写真」を撮ってみる [ポケデジSQ30mL] | main | 2012年版ファービーをハックする #3 「目の色を変える」 "How to change Furby's eye color." >>
2012年版ファービーをハックする #2 "Look inside Furby."
このエントリーをはてなブックマークに追加
Furby
中身をのぞいてみよう!

前回、毛皮を取り外したファービー
今回は、さらにボディを分解してブラックボックスのより深くに迫ろう。
ファービーには複数の基板、センサー、モーター、歯車がコンパクトに収められており、分解は容易でなかった。

しかし、この分解の難しさが、コンパクトにまとめるための設計者の苦労とも言える。
将来ファービーのような玩具を設計したいと夢見る子どもたちも、ぜひ大人と一緒にトライしてみると様々な発見があるだろう。

【 今日のワークショップ 】
おもちゃの分解にチャレンジしてみよう。


当記事の内容を実施する場合は、自己責任で行ってください。刃物を使うため小さな子どもは必ず保護者とともに作業してください。いかなる損害が発生しても、筆者およびロケットコミュニケーションズは一切の責任を負いかねます。
【用意するもの】
・毛皮を取り外したファービー
・+ドライバー
・ラジオペンチ


【手順】
[1] ボディ背面のねじを外す
まずは写真の3箇所。

[2] 触覚センサーを一部はがす
背中の触覚センサーは、
写真のように端だけはがせばOK。

【追記】 頭の触覚センサーは全てはがすこと。

[3] 耳の部品(後方)をひっぱり出す

黒い柔らかい部品をひっぱり出す。
(左右の耳、両方行う)

…これがちょっと大変。今回一番の戦いは、この柔らか部品だ!

この部品が、ボディにがっちりとかみついている。
マイナスドライバーなどを隙間から入れつつ、ゆっくり引くとうまく抜けるが、一気に力を入れると切れてしまうので注意深く丁寧に、丁寧に。
非破壊にこだわらなければ、はさみで切ってしまっても良い。

[4] ボディ背面を外す

カパッと。

[5] 目の周りのパーツを外す

ここのねじをはずして…


ここも、くせ者の柔らか部品だ!
丁寧にドライバーで外す。
無理そうならば諦め、いさぎよく切ろう。
(残念ながら私はここで失敗。一部切れてしまった…)

[6] ねじを外す

ボディ右側にある2箇所と…


左側にある2箇所のねじを外す。

[7] 耳の前のねじを外す

耳の前をよくみると、ねじが隠れている。


ドライバーが入らないので隙間からラジオペンチを入れ、ネジ頭をつかんで回す。
(左右の耳、両方行う)

[8] ボディ前面を外す

眼球部分を押さえながら、前面を強めに引く。

[10] 電源を入れ動作確認
Furby
電池をいれて、見えなかった歯車の動きを観察してみよう。

ファービーのひみつが見えてきた。

コネクタを外すとどうなるだろう?
例えば茶色のコネクタは、スピーカーにつながっている。
これを外せば、おしゃべりだったファービーも黙ってしまう。

コネクタを外すことは、回路に変更を加えることの第一歩。
ハックの第一歩と言ってもいいだろう。

次回は、目の色を変える改造です(続く)。




https://www.timeticket.jp/items/5852

このエントリーをはてなブックマークに追加
| toy | 00:20 | comments(1) | - |
怖い…
| ー | 2013/02/18 7:03 PM |









->