ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SNS
[Facebook]

[twitter]

NEWS
ロケコミュの工作が日経 TRENDY (トレンディ) 2014年 03月号 [雑誌]で紹介されました。
特集『コストコ、イケア、100円ショップより面白い!巨大ホームセンター買遊術』
LINKS
PROFILE
OTHERS

ロケットコミュニケーションズ blog

科学イベントやワークショップを行う実演集団が、知的好奇心を刺激するアイデアや活動を発信します。公式ページはこちら
<< 2012年版ファービーをハックする #2 "Look inside Furby." | main | 好きな肩書きで名刺をつくる。 >>
2012年版ファービーをハックする #3 「目の色を変える」 "How to change Furby's eye color."
このエントリーをはてなブックマークに追加

ファービーの目を赤に!

ファービーの目はLEDバックライトにより、通常ややブルーがかった白色で光っている。
今回はこの色を変えてみよう。
色は好きなものに変更可能。やろうと思えば左右の色の異なるオッドアイ・ファービーだってつくれる。
今回のポイントは非常に安価で簡単ということ。

【 今日のワークショップ 】
工夫して、安く簡単に工作しよう。


当記事の内容を実施する場合は、自己責任で行ってください。小さな子どもは必ず保護者とともに作業してください。いかなる損害が発生しても、筆者およびロケットコミュニケーションズは一切の責任を負いかねます。
今回の改造は半田付け不要。
LEDの色を変更しても良いが、子ども向けに安く簡単にやってみよう。
まずは前回の状態から、基板がいじれる状態にする必要がある。
未改造のファービーの目。青白い。

【用意するもの】
・前回の状態のファービー
・+ドライバー
・ラジオペンチ
・はさみ(orカッター)
・セロファン(好きな色)


【手順】
まずは、作業の邪魔になるコネクタ類を外してしまおう。

[1] 以下のコネクタを外す
・茶色
・青
・赤

 

コネクタを壊さないよう丁寧に。なるべく手で外そう。

[2] マイクをボディから外す

爪楊枝などでボディの外から内に向けてマイクを押し出す。

[3] 背中の触覚センサの線をカットする
根元から切る。これは、あとで再びハンダ付けすることにしよう。

[4] ねじを外す(2箇所)


[5] クチバシ裏のフックを外す
ピンクのフックに白い部品が噛んでいる。
今回、最大の難所。丁寧に!
目ユニットを動かしながら、ラジオペンチで丁寧に白とピンクの部分を動かし外す。

[6] まぶたを上げ、基板を手前に引き出す

[7] 基板にあるネジを外す(4本)


[8] 目を外しLEDバックライト・ユニットを取り出す

テープの端をめくると、LEDが外せるよ。
(戻せるので心配しないでOK)

[9] セロファンを切る

100円ショップで購入可。


同じ形に切り抜くため、セロファンに[8]をあててボールペンで輪郭をなぞる。


そして切り抜く。

[10] 取り付ける
LEDバックライト・ユニットと液晶の間に[8]+[9]を挟み、目を取り付ける。

[11] 動作確認
[1]で外したLEDのコネクタ(青)を差し込むんでから、電池を入れて、目の色を確認。

ビカッ!!

実質100円で改造できる。
セロファンの色を右目、左目で変えれば、オッド・アイ・ファービーもつくれるはず。

ファービーには個性があるというが、それは有限の組み合わせから1台を選択したことにすぎない。
設計者の用意した金型の形状や基板のパターンから自由になって、自分だけのファービーをつくろう。

次回もファービーをさらに改造。
少しだけ半田付けもしてみる。

次回は家電からの電磁波でファービーのクロックを操作!(続く)




https://www.timeticket.jp/items/5852

このエントリーをはてなブックマークに追加
| toy | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









->